クリ(シバグリ, チョウセングリ, ニホングリ)

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

クリ(シバグリ, チョウセングリ, ニホングリ) 

学 名

Castanea crenata Siebold et Zucc. 

科 名

ブナ Fagaceae 

園内の花

解 説

里山の雑木林に生える、高さ17mほどの落葉高木。葉は細長く、ふちには先が針のようにとがった鋸歯がある。堅果は長い刺のあるイガに2~3個が包まれる。果樹として古くから栽培されている。漢字では、栗と書くが、栗は中国産のクリ(チュウゴクグリ)で、日本の山に自生するクリとは別種である。野生のクリはシバグリと呼ばれ、果実の小さい。 

自然分布

北海道(西南部)・本州・四国・九州、朝鮮(中南部) 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

食用・建築材・家具材・細工材・シイタケ栽培の原木 

名前の由来

クリは黒い実、つまりクロミの意味という。 

園内区画

暖温帯落葉広葉樹林1暖温帯落葉広葉樹林2冷温帯落葉広葉樹林絶滅危惧植物シダ植物温帯資源植物 東 

「おすすめ」
登場回数

16

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 花

  • 花

  • 花

  • 花

  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実
  • 果実

    果実