ヘラシダ

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

ヘラシダ 

学 名

Deparia lancea (Thunb.) Fraser-Jenk. 

科 名

メシダ Athyriaceae 

旧科名

イワデンダ WOODSIACEAE 

園内の花

解 説

常緑性。根茎は長く這っていて、葉柄下部とともに線状披針形-線形で全縁、黒褐色の鱗片を密につける。葉身は披針形-線形で単葉、鋭尖頭で浅波状縁-全縁。葉の長さは約40cmになる。胞子嚢群は線形で脈に沿い伸長し、中肋-葉縁近くにまで達する。包膜は全縁で背中合わせのものも混合。染色体数はn=80、120、2n=160、240の4倍体、6倍体であるが、2n=200で減数分裂が不規則な例もある。 

自然分布

本州(関東地方中南部以西の暖地)・四国・九州・琉球・朝鮮・中国・台湾-フィリピン・ボルネオ・インドシナ・タイ・インド・ネパール・スリランカ 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

名前の由来

単葉でほぼ全縁の葉が篦形であるため。 

園内区画

シダ植物、圃場、熱帯山地雨林室 

「おすすめ」
登場回数

0

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示

  • 葉

  • 葉

  • 葉

  • 葉

  • 葉 全形

    葉 全形