バナナ ‘仙人蕉’

植物図鑑

図鑑の見方

植物名

バナナ ‘仙人蕉’ 

学 名

Musa x paradisiaca L. ‘Senninsho’ 

科 名

バショウ Musaceae 

園内の花

解 説

バナナ(Musa L.)は大型の多年草。葉鞘は巻き重なって偽茎を形成する。大きなものでは5mを超す。樹木ではなく、偽茎は木質化しない草本。偽茎の頂部から花茎をだらりと垂下させる。その基部には2列に並んだ雌花群がある。先端にも2列に並んだ雄花群が段状につく。基部から開花する。種類は約40種。この仙人蕉は台湾原産の北蕉を更に改良したもの。 

研究者ノート

バナナは人気の高い果物ですが、たねなしブドウと同様、種子がありません。一方、東南アジアに分布する野生バナナは、バナナの中にアズキほどの大きさの種子が並んでいます。果物バナナは種子をもつ原種の中から種子ができないものを選別しでできた栽培品種です。そのほか料理用バナナもあります。バナナは人類が食料を確保するために作り出した傑作と言えるでしょう。(加藤雅啓) 

自然分布

インドからマレーシア・ポリネシア西部この仙人蕉は台湾原産 

絶滅危惧ランク

 

日本固有

筑波山分布

利 用

バナナ(Musa L.)は果実は甘いものは果物用、熟してもあまり甘くないものは料理用として広く利用される。花の美しい種は観賞に用いられる。雄花序や若芽は野菜。地下部の球茎は家畜の飼料とされる。種子のデンプン質の胚乳や若芽、花序が食用にされることも多い。 

名前の由来

バナナは芭蕉に似ることから「実芭蕉」ともいわれる。 

園内区画

熱帯資源植物温室 

「おすすめ」
登場回数

20

スタッフによる今週のおすすめで紹介された回数を表します。

拡大表示